追加工事と工事以外の費用

追加工事と工事以外の費用

リフォーム,追加工事,工事以外,費用

 

リフォームをすると、追加工事が必要なケースがあります。

 

「工事途中に欲がでて他の箇所も一緒に改装するとき」や、
「予期しない形でトラブルに巻き込まれたとき」です。

 

通常、リフォーム見積書以外の工事として請求されます。

 

例えば、以下は打ち合わせや工事の途中段階で
欲が出て追加するよくあるケースです。

 

  • 「グレードを上げて機能性の高い設備にしよう」
  • 「もっとオシャレなインテリアにしたい」
  • 「壁紙を変更して部屋の雰囲気をガラッと変えたい」など

 

一方、予期しない形で工事をやり直さ
なければならないときがあります。

 

  • 台風や地震などの天災が起きて改めて工事が必要になった
  • 施工会社のミスで瑕疵・欠陥があるなど(会社が費用負担)
  • 工事がはじまってから床や壁の内部腐食を発見した

 

このような場合に追加工事でやり直します。

 

通常の工事と比べて費用も異なりますので、
追加見積をとるときは内訳をしっかり確認しましょう。

 

ここでは、追加工事だけでなく、見積書に記載のある
工事以外の費用と記載のない費用についても説明します。

 

追加工事の費用について

 

リフォーム,追加工事,費用

追加工事をするときは、リフォーム会社が設計図を作る

必要があるため、工事に移るまで時間がかかります。

 

材料も追加で発注しなければならず、
単価が通常よりも高くなりやすいです。

 

元々、工事に必要な建材をリフォーム会社が
下請けに一括で大量発注することで材料費や
施工費を安く抑えていることが多いからです。

 

つまり、追加で必要になった材料は、別途発注しなければ
ならず、その負担も料金に上乗せされることになるのです。

 

追加工事をする際は金銭トラブルに巻き込まれることも
少なくありませんので、通常の工事と同じく工事費用を
口頭ではなく書面(見積書)をもらって確認しましょう。

 

見積書がないとボッタクリにあう危険性もあるからです。

 

一方、予期しない工事が行われることがあります。

 

床下が腐食していたり、シロアリが潜んでいて、
柱にキズがついている場合などです。

 

この場合、補修・補強の追加工事が発生します。

 

内部の状態は表面から判断できないため、
基本的に見積りの金額に反映されません。

 

リフォームの工事をしている途中に
内部腐食に気がつく場合がほとんどです。

 

トラブルを起こさないためには、予期しない工事が
起こるケースを事前に考慮しておくことが大切です。

 

もし仮に壁や床の内部が腐食していた場合、
いくらかかるのか、おおまかにでも確認しておきましょう。

 

なお、工事の後でも、優良なリフォーム会社であれば、
保証期間が設けられており、その期間内に報告すれば、
無償で修復工事を行ってくれる場合があります。

 

キズや腐食などの瑕疵に気づいたら、できるだけ
早くリフォーム会社に知らせることが大切です。

 

工事以外の費用について

 

リフォーム,見積,工事以外,費用

 

見積書には、手数料諸経費別途料金等の記載があります。

 

これらは、工事費用総額の10〜20%程度です。

 

業者によっては30%かかることもあるでしょう。

 

リフォーム会社の人件費や交通費、オフィスの家賃、
現場監督や作業員が工事の進捗を確認するための
現場管理費などもこの中に含まれています。

 

リフォーム,諸費用,工事以外の費用,現金現金でリフォームをするのか?
リフォーム,諸費用,工事以外の費用,ローンローンを利用するのか?
リフォーム,諸費用,工事以外の費用,増築増築するのか?
リフォーム,諸費用,工事以外の費用,中古住宅中古住宅を購入してリフォームするのか?

 

など、内容に応じて金額が大幅に変わります。

 

特に、住宅ローンを組んだり、中古住宅を
購入するときは諸費用が高くなります。

 

家具・カーテンなどの購入費

・ソファ・ベッド・テーブル・カーテン
・収納棚やタンス・テレビボード・テレビ
・ブラインド・エアコン・冷蔵庫など

 

リフォーム工事をするとき

 

・工事請負契約の印紙税
増築するとき

・設計監理費
・建築確認申請費用
・登記費用など

 

中古住宅を購入するとき

 

・不動産取得税
・仲介手数料など

融資を受けるとき

・登記費用
・保証料
・手数料
・火災保険料

 

家具や照明は、造作したもの以外は工事費に含まれません。

 

カーテンやエアコンもリフォーム費用とは別です。

 

間取りを変えるなどの大規模なリフォームをする
場合は、住みながら工事を進めるのが難しいので、
2度の引越し仮住まいをする必要があります。

 

引越し費用は、専門業者から見積もりをとります。

 

仮住まい先は、近くの不動産屋に行って探し、
家賃や期間、交通の便、家具が収まる広さか
どうかなどの条件の確認が必要です。

 

ウィークリー・マンスリーマンションでは、
家族世帯向けの物件が少ないので、荷物を
保管するための倉庫(トランクルームなど)
を借りて対応する場合があります。

 

その分の代金も見当をつけておきましょう。

 

短い工期で済むリフォームでも、工事箇所が水まわりであれば
仮設トイレや銭湯などの入浴施設のレンタル代が必要です。

 

仮住まい 住みながらリフォーム工事ができない場合は、近くに仮住まいを手配することになる。敷金や礼金、仲介手数料、工事期間分の家賃が必要。
トランクルーム 工事によって家具などの保管スペースがない場合、トランクルームのレンタルが必要。持ち運べない場合は別途運送費もかかる。
引越し 引越しは工事前と後の2回。二世帯住宅になる場合は、その分料金がかかる。トランクルームを借りる費用と比較して検討。
仮設設備 暮らしながら水まわりのリフォームをする場合、トイレや浴室装備、工事関係者用に仮設トイレの設置費用がかかる。
駐車場 私用車以外にも、工事用車両を停めるスペースがないと負担が必要な場合もある。
近隣へのあいさつ 工事が始まる前の近隣への挨拶の際に、手土産を用意する場合。
家具・調度品 完成した部屋に取り付けるカーテンや家具などの購入代金。
設計費 リフォームの依頼先によって、工事費に含まれる場合と別途計上になる場合がある。
設計監理料 設計・監理と施工を別々に依頼する場合。
建築確認申請手数料 リフォーム内容・規模による。建築家や工務店などが手続きを代行することが多いが、費用は別途必要になる。
印紙税 工事請負契約書に貼る印紙代。契約書に記載された工事費に応じて決められる。
固定資産税 「増築・改築によって面積が増えた」、「外壁材・屋根材を変更した」などの場合、固定資産税評価額が修正されて増額することがある。
不動産取得税 増築・改築・改装した場合。床面積や固定資産税評価額によって必要な場合もある。

 

リフォームをするときは、工事以外の費用もかかりますので、
予算をすべて使い切るのではなく、ある程度余裕を持たせて
予備費を確保できる配分を考えることが大切です。

 

施工会社を選ぶときは、複数社から同じ条件で
見積もりを取って比較して依頼しましょう。




リフォームは一括見積で自分にあった業者を選びましょう!


タウンライフリフォーム

リフォーム,見積,タウンライフリフォーム

【都心から地方まで対応!】
国家基準を満たした全国300社以上が登録!
・わずか3分で複数社に希望を1度で伝えられる!
・自宅でリフォーム会社の提案内容を比較できる!
・シリーズ累計112万人以上の利用実績!

業者選びの自由度

業者の比較

国家資格

人気度

自分で選べる

とても比較しやすい

全社保有



タウンライフリフォーム,見積もり



リフォーム,体験談




リショップナビ

リフォーム,見積,リショップナビ

【都心に強い!】
電話でリフォーム会社をご紹介!
・たった1分の入力で5社のプランと見積もりを比較!
・リフォーム工事中の事故や引き渡しから
 1年以内に瑕疵があった場合の損害を保証!
・「知り合いのリフォーム会社より安い」との声も!

業者選びの自由度

業者の比較

国家資格

人気度

紹介

比較しにくい

全社保有



リショップナビ,見積もり



オウチーノリフォーム

オウチーノ,リフォーム

【個人情報流出の心配なし!】
匿名で会員ページから相談可能!
・全社瑕疵保険加入済み!
・口コミ情報も掲載!

業者選びの自由度

業者の比較

国家資格

人気度

紹介

比較しやすい

全社保有



オウチーノリフォーム,見積もり



リフォームで失敗しないために・・・


どんなに優柔不断な人でも即座に業者を選べる

リフォーム,一括見積,サイト,比較,ランキングリフォーム一括見積サイト比較ランキングはこちら


交渉下手なわが家が10分の手間をかけるだけで

リフォーム,見積,体験談 300万円も値引に成功したリフォームのコツと体験談はこちら

管理人プロフィール 賢く業者を選ぶ 費用を抑える 一括見積サイトランキング 我が家の体験談