床の張替えにかかる費用

床の張替えにかかる費用

床,張替え,費用,フローリング

 

 

「フローリングの張り替え費用はいくら?」

 

  • 床がミシミシ・ギシギシときしむ音が鳴る
  • 取り除けないほどのキズや汚れがついている
  • 築年数が古くなって腐食(経年劣化)している

 

 

床の張り替え費用は表のとおりです。

 

フローリング

クッションフロア

フロアタイル

タイルカーペット

カーペット

リビング

(6畳)

9〜11万円

4〜6万円

5〜7万円

5〜7万円

5〜7万円

3〜10万円

キッチン

(4畳)

7〜9万円

4〜6万円

4〜7万円

4〜7万円

4〜7万円

洗面所

(3畳)

4〜7万円

3〜6万円

3〜6万円

トイレ

(1畳)

4〜7万円

3〜6万円

3〜6万円

玄関・廊下

(4畳)

7〜9万円

4〜6万円

4〜6万円

4〜6万円

4〜6万円

階段

(4畳)

7〜9万円

4〜6万円

4〜6万円

4〜6万円

5〜7万円

和室から洋室への変更

13〜18万円

9〜13万円

10〜13万円

10〜13万円

10〜12万円

 

 

>当サイト訪問者の93%が利用している無料のリフォーム一括見積もりサイトはこちら

 

 

 

床の張替えにかかる費用相場と特徴

 

フローリングへの張り替えが最も人気です。

 

 

6畳で10万円、8畳で15万円ほどかかります。

 

 

同種の床材に変更するなら
重ね貼り(上貼り)をおすすめします。

 

 

新規の張替えに必要な「廃材処分費用」がかからず、
5,000円〜10,000円ほど安くなるからです。

 

 

床の種類と費用

特徴

フローリング

15000円/帖〜

フローリング

木目の質感と光沢が特徴で、リビングや洋室の床材として使われる板材。

 

複合(合板)フローリング(費用:14000円/帖〜)

 

板を接着剤で複数張りあわせた合板の表面に天然の薄板を張りつけたもの。

 

メリット

  • 温度・湿度の変化による膨張や収縮、反りやねじれが起こりにくい
  • 摩擦に強いものもあり、用途で選べる。
  • 無垢フローリングと比べ価格が安い。
  • 色彩や柄のバリエーションが豊富。
  • 耐候性耐水性があり、傷に強い。

 

デメリット

  • 単板がはがれたときの補修・修復が難しい。
  • 年数を重ねるごとにすき間が目立つ。
  • 見た目に高級感がない。
  • 踏み心地がかたい。

 

 

無垢フローリング(費用:15000円/帖〜)

 

天然木の木を1枚の板に加工したもの。

 

メリット

  • アレルギーを引き起こしにくい。
  • 肌ざわり風合いがよい。
  • 調湿効果がある。
  • 断熱性が高い。

 

デメリット

  • 湿度の変化による膨張・収縮、反りや割れが生じやすい。
  • 木目の色彩にバラつきがある。
  • 複合フローリングよりも高価。
  • 汚れやすい。

 

張り替えのタイミング:約10〜15年

 

症状:きしみや反り、汚れ、キズや色あせ

 

床鳴りがする場合、

  • 床板が変形している→床はしっかりしているが、音だけがする
  •  

  • 床下地が傷んでいる→上を歩くと床がたわむ

 

どちらかの原因かを判断する必要があり、
それによって工事内容が変わる。

クッションフロア

6000円/帖〜

床,張替え,クッションフロア

意匠性と機能性が高い床材で、木目調のデザインが豊富。

 

メリット

  • 居間、水まわりなど部屋の用途が多い。
  • 色や模様のバリエーションが豊富。
  • 防水性防汚性が高い。
  • 他の床材と比べて安い。
  • 遮音性が高い。

 

デメリット

  • 下地によって仕上げ面が異なる
  • 重い家具の跡が残りやすい
  • 耐熱性が低い

 

張り替えのタイミング:約10年程

 

症状:はがれ、落ちない汚れ、劣化による割れ

 

接着剤や下地の劣化が起きている可能性がある。

 

そのままにすると色ムラやキズが目立つだけでなく、
はがれた部分につまづきやすくなり危険ですし、
下に水が入りカビの原因となるなど下地にも影響がでる。

カーペット

8000円/帖〜

床,張替え,リフォーム,カーペット

 

アクリル・ウール・ナイロンなどの繊維素材で構成され、足ざわりが柔らかい。

 

メリット

  • 断熱性が高く、防音性にもすぐれている。
  • 色彩のバリエーションも豊富。
  • 部屋に高級感が演出される。
  • 下階へ音がひびきにくい。
  • 足元があたたかい。

 

デメリット

  • キャスターがついた車いすなどは動かしにくい。
  • 高温多湿の場所では臭いがでることもある。
  • ダニが付着しやすい。
  • 掃除に手間がかかる。

 

張り替えのタイミング:約5〜6年

 

症状:汚れ、擦り切れ、家具の跡、ヘコミ、日焼けによる色あせ、毛のほつれ

 

ダニやカビが発生している場合、病気やアレルギーを
引き起こして健康を害する可能性もある。

タイルカーペット

8000円/帖〜

床,張替え,リフォーム,タイルカーペット

汚れのついた所だけを部分的に張替えることができる。
小さい子供やペットを飼っている家庭で検討されることが多い。
カーペットと同じく防音性にもすぐれている。

 

メリット

  • 断熱性が高く、エアコンなどの電気代を節約できる。
  • カーペットよりも施工に時間がかからない。
  • すべりにくく、ほこりも付きにくい。
  • 部分的に張替えられる。
  • 遮音性が高い。

 

デメリット

  • カーペットよりさわり心地がかたいものが多い。
  • カーペットよりも値段が高い。
  • 湿気がたまりやすい。

 

張り替えのタイミング:約5〜6年程

 

症状:汚れ、擦り切れ、家具の跡、ヘコミ、日焼けによる色あせ、毛のほつれ

フロアタイル

8000円/帖〜

床,張替え,リフォーム,フロアタイル

木目や石目、フローリングを再現したもので、
土足歩行が可能なほど耐久性にすぐれている。
オフィスや店での床材にもってこい。

 

メリット

  • 木目や石目、色彩のバリエーションが豊富。
  • 重い家具の跡が残りにくい。
  • 耐久性が強い。

 

デメリット

  • 防音効果がなく、床下地が必要になる。
  • クッション性がない。
  • 耐熱性が弱い。

 

張り替えのタイミング:約10年前後

 

症状:日光などによる表面の変色、キズ、経年劣化

7000円/帖〜

床,張替え,リフォーム,畳

高温多湿の日本に適した床材。
クッション性や吸湿性があり、さわり心地がよい。
厚みがあるものは断熱性を備えていることもあり、抗菌効果もある。

 

メリット

  • 定期メンテナンスで長期的に使える。
  • い草の場合、浄化と抗菌の効果がある。
  • クッション性・吸湿性がある。
  • さわり心地がよい。

 

デメリット

  • 畳が薄いとクッション性に欠ける。
  • 畳の表面はキズがつきやすい。
  • メンテナンスがめんどうくさい。
  • ダニが発生することがある。

 

張り替えのタイミング:新調してから5年で表替え10年で新調。

 

症状:畳の表面に凹凸、変色、汚れ

 

模様替えをすると色ムラが目立つ。

 

タンスなどの家具を置いたり、畳の上にカーペット
などを敷いている場合、カビが発生しやすくなる。

 

天然素材の畳にカビが発生した場合は下地の補修も必要になる。

 

年に1〜2度は畳を干して、2〜3年で裏返し、
さらに2〜3年後に裏返して使うとよい。

 

>床の張り替えで人気のリフォーム一括見積もりサイトはこちら

 

 

賃貸アパートでは大家さんにバレる前の修復がベター

 

床,張り替え,費用

 

フローリングの傷やへこみの扱いに困っていませんか?

 

・退去するまでそのままにして大家さんに任せる
・自分でなおす
・大家さんに黙ってリフォーム会社にたのんでなおす

 

 

信じられないかもしれませんが、床の一部の傷やへこみでも全面張り替えを要求されるケースは少なくありません。借主の全額負担ではなくても、余分な費用を請求されてしまうことに変わりないのです。大家さんと口論になることは必至です。

 

 

多くの場合、大家さん指定のリフォーム会社で工事をしなければなりません。
相見積もりができず、費用が相場より高くなる危険性もあります。

 

 

トラブルが泥沼化すると決着までに時間と労力がかかります。
はやく解決したい場合は最悪、泣き寝入りするしかありません。

 

 

 

自分でなおせばトラブルに巻き込まれず、安くおさえられると思うかもしれません。

 

 

ですが、下手に自分でなおそうとすると傷やへこみが広がってしまうおそれがあります。大家さんにばれたらさらに高額な請求をされたり、結局リフォーム会社にたのむことになり、二度手間です。

 

 

 

おすすめは、リフォーム会社になおしてもらうことです。

 

 

たいてい、リフォーム会社が融通を利かせてくれます。傷やへこみを原状回復させて、退去時の立ち会いでもバレずにすんでいる方が多いようです。大家さんにばれる前に対処して、余分な修繕費の支払いを回避している方は意外と多いんですね。

 

 

 

リフォーム会社から資料や見積もりをもらうときはこちらを利用するとまちがいありません。数日以内に国家資格のある優良リフォーム会社から自宅へ資料や見積もりが届きます。メールで見積もりをだしてくれる会社も多いです。

 

 

賃貸物件であることを考慮して、現状の床材と同じもしくは見分けのつかない床材に張り替えてくれます。傷やへこみがなにもなかった元の状態にもどしてくれますので、大家さんの目を気にすることなく退去できます。

 

 

もちろん敷金を返してもらえる可能性も高まるので一石二鳥ですね。

 

 

ちなみに、500万円未満のリフォームは無資格の素人でもできてしまいます。欠陥が生じたときに会社が倒産していて連絡がつかないなんてこともよくある話です。

 

 

その点、こちらに登録している会社はすべて国家資格を保有しているので安心してたのめますね。

 

 

★☆こんな人におすすめ☆★

 

床,張り替え,費用 大家さんにバレる前に床の傷やへこみをなおしておきたい方
床,張り替え,費用 自分で床の傷やへこみをきれいになおすことに不安がある方
床,張り替え,費用 相見積もりをして安く床を張り替えたい方

 

 

★☆よくあるQ&A☆★

 

 

 

傷やへこみを放っておくと、時間がたつにつれて広がっていきます。
原状回復させるには、症状が小さいうちに対処するのがベターです。

 

 

タウンライフリフォームから工事を依頼すると、クオカード1,000円分が必ずもらえます。

 

 

ですが、特典冊子「成功するリフォーム7つの法則」の数に限りがあります。
受け取れなくなる前にいますぐ申し込むことをおすすめします。

 

>>詳しくはコチラ



管理人プロフィール 賢く業者を選ぶ 費用を抑える 一括見積サイトランキング 我が家の体験談