屋根葺き替え費用の相場と見積もり例!火災保険で0円になる!?

屋根葺き替え費用の相場と見積もり例!火災保険で0円になる!?

 

「屋根の葺き替え費用の相場っていくらだろう?」という疑問とそこから派生する役立つ情報をお伝えする記事です。

 

 

屋根の葺き替え費用は通常、100万円以上かかります。

 

 

ですが、火災保険を適用して実質0円で屋根を葺き替える方もかなり多いです。

 

 

もし経年劣化による損害ではなく自然災害から生じた修理であれば、保険金がおりる可能性が高いので、保険申請の流れも解説しています。

 

 

 

 

屋根葺き替え費用の相場

屋根葺き替え費用の相場

 

葺き替える屋根材には、カラーベスト・コロニアル(スレート屋根)ガルバリウム鋼板があります。

 

 

屋根を葺き替えには主に下記の費用がかかります。

 

 

  • 屋根材本体とその施工費用
  • 古い屋根材を取りはずして処分する費用
  • 下地(野地板)の増し張り費用
  • 防水シート(ルーフィング)の張替え費用など

 

 

それではカラーベスト・コロニアル(スレート屋根)とガルバリウム鋼板の葺き替え費用の相場をみていきましょう。

 

 

ガルバリウム鋼板への葺き替え費用

ガルバリウム鋼板への葺き替え費用

 

ガルバリウム鋼板への葺き替え費用の相場は下記のとおりです。

 

内訳 費用
屋根材本体とその施工費用 5,000〜7,500円/u
既存屋根の撤去・廃棄 1,500〜3,000円/u
下地工事(増し張り) 2,000〜3,500円/u
防水シート(ルーフィング) 500〜1,000円/u
役物工事(部位別) 1,000〜4,000円/m
その他:雪止め、発生廃棄物・搬入費・諸経費・足場代など
合計(消費税別) 14,000円/uくらい

 


たとえば100uの屋根をガルバリウム鋼板へ葺き替えた場合、100u×14,000円:140万円ほどがかかります。

 

 

ガルバリウム鋼板は選ぶタイプ、横葺き・縦葺き、断熱材付・断熱材無し、表面処理のちがいや形状でも費用が変わります。

 

 

ガルバリウム鋼板への葺き替え見積もり例

ガルバリウム鋼板への葺き替え見積もり例

 

屋根面積100uの住宅で、瓦からガルバリウムに葺き替える場合

 

項目 単価 費用
既存屋根材の撤去 3,000円/u 300,000円
既存屋根材の処理 撤去費用に含まれる 0円
下地の補修 1,500円/u 150,000円
防水シート 500円/u 50,000円
新しい屋根材 6,000円/u 600,000円
その他の工事 一式 50,000円
足場 なし 0円
管理費、諸経費 工事費用の5% 57,500円
合計 1,207,500円

 

屋根面積120平米の住宅で、スレートからガルバリウムに葺き替える場合

 

項目 単価 費用
既存屋根材の撤去 2,000円/u 240,000円
既存屋根材の処理 撤去費用に含まれる 0円
下地の補修 1,500円/u 180,000円
防水シート 600円/u 72,000円
新しい屋根材 5,500円/u 660,000円
その他の工事 一式 60,000円
足場 なし 0円
管理費、諸経費 工事費用の5% 60,600円
合計 1,272,600円

 

 

ガルバリウム鋼板へ葺き替えるときの注意点

 

ガルバリウム鋼板はカラーベスト・コロニアル(スレート)と比べて扱いが難しく、本体と役物工事の加工技術に差がでる屋根材です。

 

 

耐久年数の長いしっかりとした仕上がりにするには、業者選びが肝になります。

 

 

万が一、技術力の低い業者にたのんでしまうと、悲惨な仕上がりにされたり、耐久性が低く、数年で葺き替えなければならない事態に陥ります。

 

 

ガルバリウム鋼板へ葺き替えるなら、総合リフォーム会社ではなく屋根専門業者にたのみましょう。

 

 

カラーベスト・コロニアル(スレート屋根)の葺き替え費用

 

カラーベスト・コロニアル(スレート屋根)への葺き替え費用の相場は下記のとおりです。

 

項目 費用
屋根材本体とその施工費用 4,000〜5,000円/u
既存屋根の撤去・廃止 2,000〜3,000円/u
下地工事(増し張り) 2,000〜3,500円/u
防水シート(ルーフィング) 500〜1,000円/u
役物工事(部位別) 1,000〜3,000円/m
合計(消費税別) 12,000円/uほど

 


その他、雪止め、発生廃棄物・搬入費・諸経費・足場代などがかかります。

 

 

 

スレート屋根よりガルバリウムがおすすめな理由とは?

スレート屋根よりガルバリウムがおすすめな理由とは?

 

カラーベスト(スレート屋根)よりガルバリウム鋼板へ葺き替えるのがおすすめです。

 

 

カラーベスト(スレート屋根)へ葺き替えると、メーカー保証が認められないことが多いからです。

 

 

カラーベスト(スレート屋根)を使った工事は新築物件だけ保証が得られますが、リフォーム単体では保証が効きません。

 

 

ガルバリウム鋼板は新築とリフォームを問わず、20年から30年の保証がメーカーから得られます。

 

 

 

屋根は葺き替えと重ね葺きのどっちがいい?

 

既存の屋根の種類が、スレートやガルバリウム鋼板などの平らな屋根材で、かつ雨漏りなどがなく、下地の野地板がしっかりしている場合は、カバー工法がおすすめです。

 

 

逆に、瓦屋根など凹凸のある屋根材にはカバー工法は不向きです。

 

 

雨漏りが発生していて下地の野地板が劣化している場合や耐震性能に余裕がない場合は、カバー工法ではなく葺き替えをしましょう。

 

 

 

屋根葺き替えは火災保険で0円になる!

 

台風や強風で生じた屋根の不具合は、「風災」扱いです。

 

 

風災は火災保険の補償対象なので、火災保険を適用することで、屋根の修理費用か?保険会社から支払われます。

 

 

たとえば、強風て?屋根の板金(棟板金)が飛ばされた場合、足場組立費用と板金交換費用か?保険会社から支払われます。

 

 

原則として、保険金の使い道は自由なので、保険会社からの修理費用を屋根全面改修の一部費用として活用もて?きます。

 

 

保険申請には屋根修理会社の修理見積もり書が必要です。

 

 

多くの業者は修理見積書を作成してくれますが、火災保険は自身で申請するように求められるケースがあります。

 

 

そこで、火災保険を申請する流れを後述しています。

 

 

なお、保険会社によってまちまちですが、申請書類の提出後2週間以内に修理費用か?保険会社から施主の口座へ振り込まれます。

 

 

経年劣化で現れた症状や、故意に破損させた場合は、火災保険の申請をしても承認が得られないので注意しましょう。

 

 

屋根葺き替えに火災保険を適用する流れ

 

 

屋根葺き替えに火災保険を適用する流れは下記のとおりです。

 

 

  1. 火災保険会社へ連絡して申請書類を届けてもらう
  2. 屋根業者に見積もりと、修理箇所の写真を撮ってもらう
  3. 火災保険の書類・見積書・写真をつけて保険会社へ送付
  4. そのまま承認される、もしくは保険会社の調査員が派遣される
  5. 承認・不可の連絡がくる

 

 

2〜3社の見積もりをしている場合は、その中から信頼できる業者1社の見積書を使って申請をすることになります。

 

 

火災保険の申請を代行してくれる屋根業者に依頼すると効率的です。

 

 

もし、火災保険の申請を代行しない業者にたのむ場合は、火災保険会社への連絡と同時に、屋根修理業者へ見積もり依頼しておくとよいですね。

 

 

 

屋根葺き替えは補助金でもお得に!

 

少額のリフォーム補助金

 

一部の自治体か?導入している補助金制度て?す。

 

 

リフォーム全般の工事か?対象て?、補助金の額は少額て?す。

 

 

多くの場合、予算に上限や申請の期限(先着順)なと?か?あります。

 

 

災害時の補助や融資

 

大型地震や台風が発生したときは、各自治体から支援金給付や無利子融資、税金の減免、ボランティアの派遣サービスなどが受けられます。

 

 

詳しくは各自治体のホームページを確認してみてください。

 

 

耐震改修補助金

 

耐震改修を目的にした補助金制度て?す。

 

 

屋根の軽量化も耐震改修として認められています。

 

 

工事対象は旧耐震基準(昭和56年以前)の木造戸建て住宅て?重い屋根瓦を軽い屋根瓦に葺き替えることが主な条件です。

 

 

陶器性の瓦から金属性の瓦へ葺き替える場合にあてはまります。

 

 

補助金は数十万円から百万円単位と幅広いです。

 

 

耐震診断を無料でおこなってくれる自治体も存在しますので、詳しくは各自治体のホームページをご覧ください。

 

 

 

屋根葺き替えで損しない業者の選び方とは?

屋根葺き替えで損しない業者の選び方とは?

 

屋根の葺き替えは、総合リフォーム会社ではなく、屋根専門業者に頼むことを強くおすすめします。

 

 

総合リフォーム会社では、屋根工事に関して最低限の知識と技能しかそなえていない下請け業者を手配されて、仕上がりが悪くなる危険性が高いからです

 

 

屋根の専門業者にたのめば長年培われた経験と技能で施工してもらえるうえに、自社施工なので費用も安く済みやすいのです。

 

 

ただ、屋根の専門業者のなかでも1社からしか見積もりをとらなかった場合と、複数社から費用を提示してもらった場合では数十万円単位で差額が生じることもあります。

 

 

そこで無料のリフォーム一括見積もりサイトを利用すれば、一度の複数の屋根専門業者から見積もりを取り寄せられるのでおすすめです。

 

 

当サイト1位の『リフォームアベンジャーズ』では、屋根専門業者が多数加盟していますので、一度検討してみてはいかがでしょうか?

 

 

今なら現金5,000円キャッシュバックキャンペーンを実施していますので、火災保険や各種補助金と併用すれば、かなりおトクに施工できますね。

 


リフォームは一括見積で自分にあった業者を選びましょう!


リフォームアベンジャーズ

リフォームアベンジャーズの一括見積もり

【東京・千葉・埼玉・神奈川の方限定!】

最短最速で地元の業者が見つかる!
・悪徳業者の徹底排除で優良店だけに依頼できる!
・リフォーム値引成功7つの秘訣マニュアル贈呈!
・現金5,000円キャッシュバックキャンペーン中!

業者選びの自由度

業者の比較

国家資格

人気度

自分で選べる

とても比較しやすい

全社保有


\カンタン・無料・たった1分の入力/

リフォームアベンジャーズの一括見積もり

現金5,000円キャッシュバックキャンペーン中




タウンライフリフォーム

リフォーム,見積,タウンライフリフォーム

【都心から地方まで対応!】

国家基準を満たした全国300社以上が登録!
・わずか3分で複数社に希望を1度で伝えられる!
・自宅でリフォーム会社の提案内容を比較できる!
・満足度・使いやすさ・安心度で3冠達成!

業者選びの自由度

業者の比較

国家資格

人気度

自分で選べる

とても比較しやすい

全社保有


\カンタン・無料・たった3分の入力/

タウンライフリフォーム,見積もり


カタログ郵送・メール対応・画像添付可能


リフォーム,体験談




リショップナビ

リフォーム,見積,リショップナビ

【都心に強い!】
電話でリフォーム会社をご紹介!
・たった1分の入力で5社のプランと見積もりを比較!
・リフォーム工事中の事故や引き渡しから
 1年以内に瑕疵があった場合の損害を保証!
・「知り合いのリフォーム会社より安い」との声も!

業者選びの自由度

業者の比較

国家資格

人気度

紹介

比較しにくい

全社保有


\無料でコンシェルジュが業者を紹介/

リショップナビ,見積もり


業者選びをプロにおまかせ



リフォームで失敗しないために・・・


どんなに優柔不断な人でも即座に業者を選べる

リフォーム,一括見積,サイト,比較,ランキングリフォーム一括見積サイト比較ランキングはこちら


交渉下手なわが家が10分の手間をかけるだけで

リフォーム,見積,体験談 300万円も値引に成功したリフォームのコツと体験談はこちら

関連ページ

屋根瓦を修理する費用・価格の相場はいくら?圧倒的に安く抑える秘訣
屋根瓦を修理する費用・価格の相場をお伝えしています。事例や内訳も掲載しています。台風によるひび割れ、破損、雨漏りで火災保険を適用する条件のほか、圧倒的に安く抑える秘訣も解説していますのでぜひ参考にしてみてください。
スレート屋根の解体費用の相場は25万円〜!アスベスト屋根の解体事例も!
スレート屋根の解体費用の相場は25万円〜です。2階建て30坪の木造住宅のアスベストを含むスレート屋根の施工事例もご紹介しています。メンテナンスは10年を目安に塗装し、新築から15年で葺き替えを検討しましょう。スレート屋根を解体する時の注意点や業者の選び方も解説しています。
外壁塗装の費用相場はいくら?ボッタクリに遭って大損する前に
外壁塗装の費用相場は30坪で60〜120万円です。塗料のグレードや使用料、足場などの単価によって金額が変わりますので、外壁塗装の費用相場を求める計算方法もお伝えしています。失敗しない業者選びの秘訣も紹介していますので参考にしてみてください。

管理人プロフィール 賢く業者を選ぶ 費用を抑える 一括見積り比較ランキング 我が家の体験談